ハキダス。

成長痛ぅ〜の記録。今宵モ反省文提出致シマス。とてつもなく独り言。

重なる時にしにたくなるね

自殺をする原因が4つ重なるとしてしまうらしい。

自殺~生き心地のよい社会へ~ 平成30年間を振り返る - 記事 | NHK ハートネット

 

 

うつ病、生活苦、負債、失業、家族不和

 

あぁ父はこれ全て当てはまっていた。

うつ病になって失業した。家と車のローンは残ってた。私は父がとてつもなく嫌いで中3~高1にかけてだったから反抗期とかぶさってしまった。父のことが気持ち悪い、憎悪がひどくて死んだらいいのにとも思っていた。父のため息がリビングから私の2階の部屋に伝って聞こえるたびに強烈に嫌悪して死ね死ねと念じた時があった。朝の挨拶以外父を無視していた。私なりの今までの仕打ちだった。

本当に首吊って死んでいった。

おかげ家のローンは保険で払わなくてよくなったらしい。すごいね保険って。

 

私は自責の念が強い。

母と姉にはないみたい。潜在意識の中はわからないけど、意識の中では聞いてみた時はそこまで表には出なかった。

 

 

死ね死ね死ねの脳の誤作動がわく

ごめんなさい ゆるしてください

 

 

 

私は何とかまだ家族との繋がりがあるけれど、父のように家族に拒絶されていたら一溜まりもないだろうなと思った。娘が父を嫌っていても他にサポートしてくれる人がいたら大丈夫だったかもしれないけど、我が家にそんな余裕なんてものも能力もなかったよ。

やっぱり私が最後のとどめを刺した気がしてならない。

 

 

姉は父が死んでホッとしたらしい。死んでよかったとまではいかないけれど浅いことしかわからないけど、姉と話した時そう言ってた。お化けが出るときの感覚で怖いんだって。

 

私もホッとした感覚があった。これ以上父に従わなくて済むんだと思って解放される感覚もあった。

 

それ以上に父が死んだ日は世界が変わってしまった気がしたよ。

世界は変わったんじゃなく、私の脳内が変わっただけだけど。

見え方も考え方も感じ方も何もかも変わっていったように思う。

 

 

 

私は失業?したのか、上京してバイトしてたけど対人関係が苦痛でバイトを辞めて、引っ越しのためにキャッシングしたけど引越し先の騒音の酷さで引っ越し失敗して無駄に負債をつくった。しかも求職しないといけなかったのに引っ越しストレスとショックとが色々重なって、母にお金を借りようと(というか支えて欲しかった、自立を応援して欲しかったけどそんな考え方母には南無だった)したけどダメで、実家に帰ることになった。これは大きなひどい挫折だった。骨折に近い捻挫のような挫折だった。それでも安心を得たくなった。帰ってから久しぶりに家族と会えてうれしかたけど、実家に暮らし出すと憂鬱が膨らみだしていった。またフリーターでいた時に感じていた無力感と無気力な感覚が戻っていった。

 

失業して、抑うつ状態で、負債もある。

だからいつも母にお金を借りることがストレスで死にたくなる。今宵の月末だからこんな心理状態なんだよな。

先月は姉がお金を援助してくれた。前に姉の借金チャラにしてあげたことで返ってきた。それは助かった。

母は貸してくれる。でも苦しい。心苦しい。なんか生きてたらお金がかかるんだよな。

借金し過ぎたなぁ。だって行きたい学校があったんだもん。無駄だったのかな。パソコンが欲しかった。冷蔵庫は無駄だった。引っ越しは失敗。賃貸選ぶのが本当に下手くそ過ぎた。(だって引っ越し理由が騒音に耐えられなくなってからなのに次選んだ場所もマジの騒音被害被る環境だった、安さで選ぶからこうなるのだが、社会の中で働く能力低いからしゃあねかったんだわ)ただそれだけの話。奨学金は止めてるけど、払わないといけない。

 

客観的に考えたらバカバカしのかな。

 

やっぱり小麦粉よくないんだろうな、皮膚が痒いいつもに増して。

 

何とか前向きにいきたい

 

という言葉さえも嫌悪する頭はマジで脳の誤作動でしかないから考えるのまもうよそう。

 

吐かせてくれて、ありがとう。