ハキダス。

成長痛ぅ〜の記録。今宵モ反省文提出致シマス。とてつもなく独り言。

hspのこと考えてたら子供の頃の黒歴史がズルズル出てきた

中年HSP記

f:id:hs13m:20181015024511j:image

ピンタレスト見てたらこの4コマ漫画が出てきてスンゲーーーーー当てはまるーーーーーーーーってなった。😹

 

 

 

なんか、姉に電話してたら、不意にお金を貸してと母に告げてしまい、そこから川辺を歩きながら、爆発してしまった。久しぶりだった。

母さんは思ったよりも話を聞いてくれた。変な気分だった。

「生きたくないんじゃい!!!!」っ的な言ったら、「何言っとんよー」と言われてからどっかーんとぶちまけまくった。「毎日思っとるわ毎日毎日毎日毎日!!!!...etc」

 号泣しながら喋るの久しぶりだった。

 

だいぶ楽になった。

 

昨日の夜から今日にかけてずっと涙ですぎて瞼が腫れまくってひとえだった。笑

こんなに涙が止まらなかったの久しぶりだったなぁ。

なんで辛いんだろう。羞恥心に苛まれて、不安に苛まれて、劣等感に苛まれて、心が蝕まれるのがまさにこの4コマ漫画じゃん。ってなって。とてもとても共感したし。

スッと笑いがこみ上げた。

 

少し楽になった。話を聞いてもらうだけで楽になるんだなぁと思った。いつも私は姉の聞き役にまわってしまうけど、母さんは無言で聞いてくれたから変な感じだった。

 

HSPのことが気になって調べてたらうちはHSS&HSPじゃん!って思った。

matsuokamiki.com

こちらのブログにて

 

 

好奇心あるけど、危険こわいし、めちゃくそ飽きっぽいし、刺激に弱くはなってるかも。

 

子供の時は、めちゃくちゃ刺激のあることばっかりやりまくっていた。

時効だから言っちゃう(?)もう言ってしまう。万引きもしたし、親のお店のお金を盗んで豪遊もしたし(バレた時は人生が終わったと思った。しかもその日にいろんなことが起きてしまっていた。記憶に封印していたけど、最近思い出したことがあった。これはもう本当にやばかった。小3頃くらいから土日に親の仕事について行くようになってて、姉といつも店のあるショッピングセンター内をぶらついたり、その付近で仕事が終わる夜まで時間を潰す生活をしていた。お金を盗むようになったきっかけは姉の同級生の友達が親の財布からお金を盗んでることをなんか教えてもらったんだよな。それから、なんか盗むようになっちゃったんだよ。近くのショッピングセンターでタバコの形したなんか吸う奴あるじゃん?なぜかあれを買ったり、ゲームセンターで豪遊したり、雑貨屋で欲しい物買いまくったりしてた。ペンとか超買いまくってた。(学校休んでた日に机に入れてたはずの筆箱かその中のペンが盗まれる事件あったな、そいや。それはまあいいとして)結構バレなかったんだよね。いや、すぐ気づけよって感じなんだけど、親は仕事人間で子供は放任主義でしたので(?)気づくのが遅くなったみたいですね。ある日いつもは1〜2万?くらいを盗んでたのが、ある日めんどくさいからか10万くらい入ってる封筒ごと盗んじゃったんだ。それがバレてしまって、必死に逃げて、外階段のかげに隠れて潜んで、姉と泣きながら、余ったお金をコンクリートに捨てるように投げたのをなんか覚えてる。(ちゃんと拾ったけど。)もう家に帰れないって思ってた。飼ってたハムスターのことを想ってた。行くあてなんてないから、店のあるショッピングセンターの1階の自動販売機と喫煙所があるベンチで姉と座ってた母が見つけて、その日になんか凄まじいことが起きてしまっていた。そのことはなんか自分の人生の中でも不可解すぎるから記憶の蓋をしていたけど、そういえば不可解なことがあったんだった。まぁそれは置いておく。死ぬって思った。いや子供だったから死ぬって言葉では思ってんかったけどそんな感じの感覚だった。父に殺されると思うくらい(これもマジで殺されるってわけじゃないけどそんな感覚って意味)だったんだけど、なぜか全く怒られなかった。次の日何もない1日が始まって、盗んでいたお金が管理されてた引き出しには鍵かかかるようになった。その不可解な事件と私がお金を盗んでいたことは関係があるような気がした。未解決事件みたいなものと化してる。)

なんだか異様だった。ふなんちゃらかぞくだったのだろう。

 

友達のゲームを盗もうとしたし、盗んだこともあったと思う。近所のガキとよく悪いことばっかりしていた。駄菓子屋さんで万引きしようとしたり(未遂に終わったかどうだったか忘れたけど)親のお店のお金を盗んで最悪なことになったのにも関わらず懲りずに親の財布からお金を盗んでバレたこともあった。盗み癖があったんだった。(その近所のガキにお金盗まれたこともあった。家でかくれんぼすることになったときっての思い出しちったわ。。。親が仕事だったから土日は夜までパラダイスだったの。)

あとは、純粋なやつでいうと、川を飛び越えジャンプとかして遊んだり、山の中入って迷子になったり、誰かん家でも遊びに行ってたし、今とは真逆、大違いな子供だった。休みの日の保育園に忍び込んで遊んでたこともあった。よー怒られんかたったな。今思うと。

 

刺激を求めていたね。

 

ってこれって刺激なのか?刺激だよな。

 

寂しかったには違いないけど、まった当時は寂しいという感覚なんてなかったんだ。ただただ楽しかった。

だけど学校行きたくないのに無理矢理行かされて、わんわん泣いてた頃にクラスの子に言われたことがある「お母さんと離れるのがさびいしいのぉ〜?」的な。

そんなんじゃないしって思った。けれど根底的には寂しさがあったのか、不安感が強かったのは確かだった。

 

 

まぁこの出来事とhsp hss関係あんのかー?って言われたらわかんねーけど、なんか書いてたら思い出して書いちったわ。あーやべーなぁ黒歴史すぎた。

 

 

だからか、そのことがあってから感じる強迫観念があった。

もう万引きも親からお金を盗むこともやらなくなってから

お店にいるときに万引きしてるって思われてないか強迫観念があった。

今はそんなにないのだけど、中学校あたりはあった気がする。

その頃はもう全くもってそう言った悪さはしなくなったわよ?罪悪感というか十字架背負ってる感あったよ。多分。そんなことがあったなぁって思い出した。

 

なんかめっちゃ書いてしまった。ま、いいや大して全くもって読まれねぇきったねぇ嘔吐ブログですから。間違って読んじゃって不快にさせたらごめんあそばせ。

 

話を戻すと私がHSS寄りのHSPだなって思ったことでありました。

 

 

am3時になったら寝るとする

おやすみ

吐かせてくれてありがとう。