ハキダス。

成長痛ぅ〜の記録。今宵モ反省文提出致シマス。とてつもなく独り言。

ねむれん。スマホをいじると余計眠れないのは分かっているけど、まあいいか。

明日は初出勤バイトなのだ。毎度のこと新しいバイトをする前夜は寝つきが悪いのであった。もういっこのハウスクリーニングのバイトは何とかやって行けそうです。いろんな場所へ行くから不安定だけど、新鮮で新しい土地に行くのは楽しいのでした。不安は拭えないのだけど嫌いじゃないです。不安はぬぐえないけど、ね。無職期間は頭に不安という名の雑草生えまくりでしたが、バイトが決まった安心感で心の余裕も生まれましたね。よかったよかった。どうにかなった。とてつもなく不安に駆られた無職の間に出会えた本とか知識が増えたから、それは無駄じゃなかったと思う。変化を求めれば不安定になるのは当たり前だけど、自分で決めたことだから少しは自信がついたようなというか慣れて来た気がする。バイトに落ちることとか、履歴書の書き方とか、もしお金底をついてしまっても私は生きていけるのか、社会的に守られてる制度があること、知っているのと知らないのは気持ちがだいぶ違うと思った。底辺の暮らしを恥じることもないとも思った。正直恥を感じる時もあるけれど、まぁそれは仕方ないよね。私が普通だと思っていることが誰かさんには驚くことだったりしてその逆だったりもするもの。私は私なりに生きているというか生きようとはしているのです。わけわかめなりに。何かにのめり込めるものがあればいいな。欲は尽きないから叶えられるものから叶えていこうとしている。ダメでもともとなのだし、つい癖が消えない考え方もするのだけど実家でくすぶってた時よりだいぶ自己否定タイムは減ったように思う。うわーい。誰かの知恵(本とか)のおかげで私は生きるルートを探れているし、模索し妄想してるし、視野を変えて見れたりもするし。行動範囲が広がってきた。

すんごい引っ越したい欲があるのだけど物件見て、問い合わせをして妄想してみても、次々に物件は無くなっていくのであった。最短ルートで引っ越すなら6月かなぁと思ったり。とかいってずるずるとここに居座っていそうだし。

ひとまず思ったことはバイトは手段で目的ではないからそんなに思い詰めずにやろうと思う。”主体的に生きること“が目標です。人目が気になるからやめとこうとか我慢しようとかをやめることにする。そのしこりをまっぴら解消させたいのが目標だ〜い。私は貯金3割投資7割くらいで生きてたいなと、ホリエモンの洗脳なんちゃらの本を読んで、なんとなくそう思った。惰性願望と刺激的活動願望が備わってるからどちらも叶えられる暮らし方がしたいとふと思った。郊外に住もうかなって思ってる。あとはタイミングと行動するのみだよね。