ハキダス。

成長痛ぅ〜の記録。今宵モ反省文提出致シマス。とてつもなく独り言。

夜散歩日和

今日は夜散歩をした。小雨で気温もちょうどよかった。

つーんとさびしさがうずめいていて、今日は姉に電話した。歩きつつ、いつも通るルートを一周して、そのあとは公園のベンチに座って、2時間くらいお喋り。つっても姉の話を聴く方が多いのだけど、それが程よく心地がいいのだった。これくらいがちょうどいい気がした。

程よく疲れた。

 

隣人ががったんごっとんうるさくて、荷物を運んでるような感じもしたし、夜なのに掃除機を何度もかけてるから引っ越したのかとおもったら、普通に帰ってきた。あれ、引っ越したんじゃないの。

自分が引っ越したさ過ぎて、そうゆう思い込みをしたのだろうか。

暇でそうゆうことばかりに気が散るから

暇で気が散る、近所の迷惑じいさんばあさんかって感じやな😂

と思った。頭の中がね。

 

 

引っ越したい物件がある。毎日のように眺めてる。まだ住居中と記載されているけれど、私的にはいい物件過ぎて、気持ちは今すぐにでも引っ越したい気持ちもある。バッドあたしゃまだ仕事にありつけてないし、来月の支払いは、借りないと払えないのだった。母に借りる。あー頼ることは苦痛だ。(姉ともそんな話をさっきしてた。子供の頃の話。私たちは親からの関心と安心が足りていなかった。そう感じるエピソードを思い出して話した。)

 

けれどこの街はのどかで住みやすかった。そう思うとなんだか名残惜しくなる。少しずつ土地勘を覚えて、近くの知ってるスーパーが増えていって、図書館に通う習慣がついたり。

だけど、違う街にも住んでみたい。そのためにもバイトを始めて続けるんだ。もう一個のバイト面接は明後日(と言う名の明日やな。)なんだ。面接するのも慣れてきた。あんなに怖かったのにな。笑

少しは成長したのかな。

 

バイトがひとつ受かって(てってれー🎉)4月から働けることになった。あーよかった。少し一安心。週2〜3日7hのバイト。どうにでもなれ精神に達した時に選んだり、動いたりした方がうまいこといくのであった。不思議だよな。へんな気が抜けてるんだろうな、どうでもいいから。なんか、常にそうなれたらいいなぁと思う。でも思い悩んで行動して緊張してそれでもダメだったからこそ閃いたり、開き直ったりできるんだろうなと感じた。

 

受かったといっても、まだ3月、時間がたっぷりあるから、バイトが始まって余裕がなくなっていく前に上京する理由をつけてた学校の応募をとっととしておこうと思う。提出物を書いて8割がたできてるからもうこれでいいやと思う。あとは書類をコピーして提出物をまとめて送るだけ。あんなに現実逃避してギリギリすぎて、気力が滅入ってまあいいやと諦めてたけど、それに疲れたのか飽きたのか、もうとっととやりたいことをやれということで、とっととやろうと思いました。キャッシングをすればいいという発見があったのが大きい。見方や価値観を変えればできるんだなとつくづく感じることが増えてきた。

 

 

 

 

仔猫の肉球

仔猫の肉球

 


『仔猫の肉球』読み終えた。

読んでとてもいいなぁと思ったメモ

  • 堂々と間違えろ
  • 失敗しても別にいいや
  • むしろ悪く思われたい
  • 全然評価されたくない
  • どうでもいいや
  • 自立は誰かに”助けて“と言えること

 

とても興味深かった。

 

 

 

小心者的幸福論

小心者的幸福論