ハキダス。

成長痛ぅ〜の記録。今宵モ反省文提出致シマス。とてつもなく独り言。

生きる 谷川俊太郎

の詩の朗読で泣いた。感激した。

 

脆脆なわいの心に見事にのめり込んできて

染みて

滲みて

沁みた。

 

このこえをきみにだっけ

のドラマあねがおすすめしてて、みた1話に

谷川俊太郎の生きるの詩の朗読をする場面があって、泣けた

朗読で泣けるとはおもわなかった。

ひどくこころにしみた。

 

ドラマの内容もとっても面白い。みれてよかった。ありががたや。

 

しかもさ、あねの本棚なんとなくふとてにとった本に谷川俊太郎の生きるって詩が載ってたんだよ‼びびったもん。引き寄せ効果だろうか。

音読してみても心に響く。

姉は合唱でこの詩の歌を歌うらしい。

 

わたしが中2のとき、この詩の合唱をしたはずだけどその時はちんぷんかんぷんだった。なにも感じなかった。教科書に載っていたとしても、なんにも響いてなかっただろうな。

 

 

好きな絵本をあねの本棚探るときに

読む。

それくらいがいい。

またいったら読もう。

 

1週間ちょいと、孤独と孤立不安に耐えられず帰郷したのであった。

 

ふあんでいーーーーっぱいですが、また再スタートです。

 

今までなんとかなってるから

まあなんとかなるんだ

 

じぶんを言葉で肯定しようとすると消えたみが跳ね返って反応してしまう

んだ

脳の癖なんだもん

しゃあないやん

 

♪そーゆんもんだろうっ

 

っっちゃっ♪(?)

 

 

_

 

 

 おしゃれは

すこしずつたのしめるようになってきた

 

かみのけがのびてきたからかな

まえがみをぱつんっときったらわかがえったからかな

 

夢のかけらがやっぱりあたまんなか散らばってて、手放すことはできないね

忘れることもやっぱりできない

 

リピート

リスタート

を繰り返してる