ハキダス。

成長痛ぅ〜の記録。今宵モ反省文提出致シマス。とてつもなく独り言。

9月15日

<p>名称がつかない感情がわき起こってあたまんなかもこころもからだも支配されて、"消えたい"という言葉でしか名称がつかない感覚に支配された心が救われるのは大森靖子さんの歌だった<br>
部屋から出れなくて、布団から動けなくて、自分のなかで痛みを走らすことでしか訴えれない感覚が<br>
なんでこんなにも浄化されるんだろう</p>

心が焼けたんだー
で、痛くてさ
こんなことでと自分をつい責めちゃって

な半日を過ごしていたけれどやっぱり大森靖子さんの歌に救われた。

泣きながら誰にも求めれない

慢性的な絶望感がときほぐれる

浄化される

すきだ

お守りだもんな

脳内BGMで毎日うたってるよ

 

醜いと思ってた
思わないと気がすまない感覚を肯定された気になるんだよー

けがれをかんじない愛情に触れるたび、自分の隠してる醜さが膨張しだして脳みそがむくみだして、なのにスマホ忘れちって吐き出すことできなくて、息しずらくなった後遺症が余韻が引きずって引きずって今日が終わりそうだけど、無意味じゃなかったとかあぁ、うまく言葉にできないっすな</p>

いつもわたしすくわれたりこころひかれたりするのは
誰かの孤独で生まれた作り出されたものだよ
芸術だよ音楽も写真も言葉もおしゃれも
あなたの孤独がすきです
そうだ、そうゆうことか

わたしはさびしーにんげんだからさ

孤独なわたしが惹かれることはいつだって孤独な誰かの破片だな、今思うとさ

とまらなくなるからここで

ひさびさのこのくるしみぃ

そとから子供のはしゃぎ声
くるしいな

誰かに向けられたいとおしさが
忘れられないね

だめだな
すなおじゃないな

くるしいな


歪んでわたしがわたしをいじめちゃうな
ごめんね
ありがとう

生きてるね