ハキダス。

成長痛ぅ〜の記録。今宵モ反省文提出致シマス。とてつもなく独り言。

6 13 火曜 am3:18

嬉しいより楽しいを選んでって
去年ごろのノートに書いてあった
蚊に刺されまくって手と足がかゆい
スプレー買うべきだなこりゃ
キンチョールだ体に向けて発射できないから意味ないに等しい
いいんだか悪いんだか目が覚めた
からだを慣らすべく起きとくべき?
遮音ヘッドフォンが欲しい
イライラする自分になるのが嫌だ
座椅子みたいにできるクッションが欲しい
実家にあるやつみたいなのあれ何年使ったやろ汚いけど便利やったお気に入りだった
しまむらで母に駄々をこねて買ってもらったんだった小学生の頃
かんせんが広がってる、ストレスと比例して、環境が変わるってことはこんなにストレスを感じることなんだなぁ。首らへんの方までできはじめてるから掻かないようにしなきゃ。
それと重なって生理前っぽいから情緒不安定が倍増。リラックスリラックス。

好きなだけ寝る。

結局楽しいより嬉しいを選ぶ他ない労働
やっぱりもうひとつ気になっていた古着のバイト応募チャレンジすればよかったかな。レジ怖いなミスしまくりそうだな、客クレーマー対応できんのかな。でも服と関われるな
電話してみるべきだったかな
ちょっとずつやりたい方へ挑戦するべきなのかな週2から働くとか、できそうならば、希望を捨てずいちいち落ち込まず、経験できたってプラスに思うべきかもな。やっぱりしんどかった、大変だった、難しかった、でもいろんな人を知れた、こうゆう仕事で世の中がうまいこと回ってるんだなって清掃、仕事をしてて思った。うちが年老いたらきっと清掃という仕事なんてなくなっていそうだなぁと思った。ロボットやらがやってくれる世界になっていそう。
今は手慣れた仕事して、なんとか今の生活を続けて、それでもやっぱり本当にやりたいことは違って盲目になりつつも、見失いつつも結局戻るとこに戻っていくはず。
いっつもそうだった。望んだことはなんやかんやで足を突っ込む性分で、バックレても、すぐに飽きたり、嫌になったり、うまくいかなくて続かないけど、挑戦した行動したことには変わりはなかった。
だからそんなに自分を責める必要はきっとなくて、これはただの脳みその癖だって田口ランディさんが言っていた。
眠い。隣の深夜長電話で目が覚めてイライラストレスが達しそうだったが、いや達したが、3:43amなんとか静まったけど、こっちが目覚めたわっっという感じ。というより、なぜかバイトを午前4時から10時にのにしてしまって、私は何に血迷ったのだろう。超早寝早起きするか、起きといてバイトに行き、お昼に寝るかで後者でやってみよーーーと思ったがなかなか寝てしまって、睡眠時間が中途半端だから脳がツライツライと訴えながらなんとか2日目行ったのだった。
なんとか内容は慣れれば出来そうだなと感じたが、あれ、なんか結局変わってないな自分。なんでまた清掃のバイトをしてんだろう。卒業するんだーっ思ってたのに、あれ、なんでここにいるんだろう。という感覚に朦朧として、感情が変になりました。
相変わらずそんな時間帯、業種なので年配の人ばっかが大半で、地元で働いていた清掃バイトの記憶がフラッシュバックして、自分同じことを繰り返してしまってることになんか突然落胆した。
生活費を稼ぐためにバイトを応募した。最低限の生活できるくらいの勤務時間にした。
ふいにつつかれる対話の免疫が低下してるから、ひょんな些細なことがぐさぐさと心臓にのめり込むかのように年配じーさんの言葉が刺さって、泣きそうになった。
この泣きそうになる感覚が、地元の時の清掃バイトの時も感じることがあってそれで変わらなくちゃいけないと思って、ずっと心にあった上京をしてみた。が、結局自分は変わってないんじゃないかという感覚に苛まれ、なにやってんだろう自分と、久し振りの自己否定よこんにちわ。たぶんPMSなんだろう、大体の慢性的スーパー落ち期はPMSと何かがダブった時に起こるらしいと気づくようになりました。鬱の人の娘が思春期まっしぐらだと最悪な事態が起きますから、人っていろんなことが重なって重なってしまうとトラブルやら限界やらが訪れる、不運を呼ぶことを身を知って感じました。相変わらず父親のことは毎日ふいに何度も思い出すし、暇だからか。忙しくするべきなんだろうか。働くことへの恐怖が取り除けないのです。その恐怖すべてが妄想だとしても、妄想癖が染み着いた私が妄想しない頭になるの難しいから、少しでも妄想してんなーと気づけるように文字にして、脳から吐き出して、分散させて、暇を潰して、呼吸をしてる事実を客観視するとちょっとはましになる。マシになる。マシュマロになる(?)。マシュマロハートになりてぇな、なれねぇか。溶けちゃうか。やっぱこんな脳でも今のままでいいね。今のままがいいね。肯定しましょ、そうしましょ。
ポタポタ、
雨粒が落ちる音。
堕ちる音。
少し部屋が揺れました。
冷蔵庫は相変わらずうるさいです。
ひとまず超早寝早起きを試してみようと思います。
バイトも興味のある分野で出来ないか、今のバイトを続けながら模索しようと思います。

やっちまったときの絶望癖が抜けませんが、失敗は当たり前で、やはり私は成功しようとして失敗するタイプの思考なので、岡本太郎さんの"成功は失敗の元"という哲学に憧れるんでしょうね。
楽しようとしても結局つらたんたん、自分の思考につらたんたんなのでした。

教訓はいっぱいです。