読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハキダス。

成長痛ぅ〜の記録。今宵モ反省文提出致シマス。独り言。

傷つきやすい私たち

共依存だなこれ、ってさっき気づいた。なんか苦しくて、イライラして、不安で、憎くて、あ、これ共依存かもって思って検索してたら。あーやっぱり。そんな気がした。

やっちまっちゃいますね。

父親のことが頭に最近よく浮かんできてくる。で、いろいろ検索してたら

自死遺族のつどいが近くであるって知って、スケジュールにだって書いて、行こうと行こうと思ったけど、結局行けなかった。行けば何かが変わったかな。あーもう何も考えずに行けばいいんだけれどね。電話が嫌いだからそのまま行こうと思ったけど、電話してしまえばいかな行かんといけんってなるからやっぱり今度機会があったらその手で行こう。

行ってみようかなって思えたことだけでもよかったじゃないか。前までは行ける気なんてしなかったのだから。

 

 

 

父親のことがあって何だかすごく過剰に姉のこと不安になってしまう。

就職できたのだけど、姉には合わない&自分のできる領土超えて、トラブってて、今はそのことは落ち着いたけれど、無職になったわけだから不安定なわけで。

私、すんごい共依存発揮してたな、と気づいたのですよ。。。

姉の一人暮らしのためにお金かしたり、一緒にいると一体感を感じて、ここちいい時もあるけど、拒絶反応が来た時の苦しさがハンパない。

互いに良くないな、と、今日自覚したので、距離をおこうと思います。

もし、姉が自殺したらどうしようとか、ちょっと度が過ぎた心配なのだけれど、今思うと。だけど父が死んだことで、可能性がないわけではない。他人事じゃない。物語でもない現実にもしかしたらあるかもしれない。

 

私も不安定になって自分のコントロールができなくなると、自殺って言葉が頭をよぎるけど、自殺した人の家族や大切な人の、あの強烈な出来事、慢性的な苦しみを知ったからしたくないです。 

うつ病って苦しいんだろうな、どれくらいの苦しみなのだろう、父はどれだけ苦しかったんだろうなと時々、思う。

死んで楽になりたいって思うほどの苦しみ。知りたい(どんな感覚になるのかどれくらいなのか実感として)と少し思うけど、恐怖心の方が強い、やっぱり私はなりたくない。でも考える。だから知ろうと思ってる。知識として知りたいっていう欲がある。それだけ。

 

夢中になれることが必要。私は私の人生を生きなくちゃいけない。それがこわいから、姉を利用していた部分がある。やめなきゃ。結局あなたの人生はあなたの人生なんだ。

だから私は私の人生を生きなくちゃいけない。

高校生の頃、穴を埋める対象は夢、好きなことだった。だけれど、挫折して逃げ出して、絶望とかしたり、父親の死のせいにしたり、しだした。夢中になっていた頃はそんなことはしなかった。

砂のように流れ落ちて、心の穴はむきだしになっちゃった。

自分の好きなことで埋めれなくなった穴を次は家族に向けた。

今年は父親の遺品を整理(ほぼ断捨離とフリマアプリと買取)したり、家の断捨離にはまったり、自分の物もかなり断捨離、雑誌を捨てた(紙リサイクルだけど)ことに後悔した。今でもたまに読みたくなってさ。あー失敗っす。でも、またブックオフとかで出会えたら買うかもね。雑誌への執着は物体的に失っても、手放せなかった。断捨離ブームは終了しました。少しの傷跡を残して。(話ずれちゃった)

 姉の一人暮らしを促したり。

よかったと思うのだけど、悪い部分にばかり目に入ってる自分に今気づきました。。。

失敗なんてあるんだよ。後悔した部分もあるけど後悔はしてない。

 

姉へのサポートはもう十分した気がする。これ以上やれば共依存になりそうだと気づいたからよかった。私がやれることはやった。これ以上はできません。あなたの人生だから。どうするかも自分で考えてください。私には関係ないのだ。だから移入はもうしないように気をつける。ふー。

 

姉が家を出てから母は快適そうです。というか、トラブルが起きて即座に仕事辞めてから、ガーデニングしたり絵に夢中になっている。テレビを見まくるところは変わらないけれど、母の友人がよくお茶しに来ておしゃべりしてて楽しそうです。

姉との叫び合いもなくなったし、姉と母をはなして(そこんとこ支配欲あるよねー。)良かった思います。姉のことを今まではしなかっただろうなってことをした。わーおって思ったよ。

まぁ仕事を辞めて余裕があるみたい。人が変わったように元気。お金ってそれだけの力なのだよね。お金が底を突き出したら、仕事するんだろうけど、今のままが続いたらいいなぁ。

 

私は怖い。私がここを出ていくこと。それを伝えて、実行に移すことを。コロって変わるから、母ともそこんところ共依存感あるよね。憎しみに変換するように突き放す言葉を言われた時、悲しくて苦しくて仕方なかった。怖かった。母親に拒絶されたら自分が生きていける気がしなくなる。あーやっぱり私は弱い。けれど、いつかは家を出て一人暮らしがしたい。

 

 

傷つきやすい私たち。

 

 不安定だけど生きてる生きていく。生きてるだけでまるもーけー。

不甲斐ない私をお許しください、私。

 

 

呪いは水色

呪いは水色

 この歌が浮かんだ。

広告を非表示にする