読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハキダス。

成長痛ぅ〜の記録。今宵モ反省文提出致シマス。独り言。

ちぐはぐ

生きていく自信がない

家族と離れる自信がない

人間関係を築いていく自信がない

自信喪失だ 

 

 

 

なんか映画みたい

新しいことに目を向けたい

苦しい

離れて

進まなくちゃ

 

失ったものは仕方がない

できなかったことも仕方がない

またチャレンジ

してみましょう

不安なのは錯覚

その錯覚がものすごい勢いで私の頭ん中を支配する

 

お風呂に入ってぼぉっとしよ

悲しみに浸って涙を流してもいいし

何か映画が見たい

好きなことに浸りたい

好きなことも変わってゆくけど

自然に受け入れることができるように、前へ進む、足元を見る

 

自分の弱さもダメさも嫌になる程自覚して、それでも意地を張って、自分の問題から逃れるように家族に依存している自分を自覚した。

十分の収穫だ。受け入れよう。自分のダメさ、不安定さ。自己破壊的な部分があることも。正しく生きようとしてしまうことも。

あー苦しいくるしー。ここでだけは自分の中だけは言わせて。

居場所を壊すのは理由があったし、それでも私は頑張ったと思う。悪いところばかり見てるけど、いいことなんていっぱいあったな。楽しかったし、失敗もしたけど失敗、恥をかいたことを受け入れられるようにいきたい。

 

 これ、結構読み返す。当てはまる部分があって共感っすよ。なける。

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ

 

 性的な抑圧とか、固定概念で苦しむ。声を大にしては言えないね。言えるようになったら楽に生きれそう。

 

 

 

やりたいことがあるけれど、親(母)から離れるのが不安。てか、このことを自分の意思を強く持って言える自分じゃない。。。。

10代の無知な自分が羨ましいとかほざいてしまう。でもあの頃の好きなことへのエネルギーは強かった。あー儚かった。

あの頃には戻れない。

だけど、その分、生きてることの深さを知りたいと思った。人の苦しみ、いろんな生き方、考え方。

 

明確な自分なんてないよ。生きている途中。

 

冬だからか、不安定だ。体を温めよう。今年の冬から湯たんぽ始めようかな。自分の体を大事にしよう。体を温めることは大事らしいね。

塞ぎがち。どうしたらいいんだろう。わからない。

頭の中がちぐはぐ

 

嫌われることをイメージしてしまって、苦痛。頭を振って勘違いだ勘違いだと意識を変える。たとえ嫌われたとしても、自分を出したのならよかったんじゃない。

それで嫌う人じゃない。

 

人を好きになることが最近できない。劣等感のかたまりなのでしょう。

好きなものや人を大好きって言ってる人が羨ましい。

だから私もそう心の底から言えるようになりたいってわけですな。

 

劣等感って思ってることの反対で、ひっかかるってことはそれを私は望んでるのに否定してるってことなんだろう。劣等感アンテナを受け入れて、向き合ったらエネルギーに変えられるかもね。難しいことだけど。

 

 

 

広告を非表示にする