ハキダス。

成長痛ぅ〜の記録。今宵モ反省文提出致シマス。とてつもなく独り言。

ha re tu no za n ga i

勝手に想像してヒリヒリしてしまった。ばかだー。ははは。最近まったく肯定的になれず。否定の感覚が強すぎる。
最近心をえぐりすぎてしまった。母、姉、自分。最初はちっちぇーこと。それがうつって、爆発して一気に不満、怒り、恨みを叫んじゃった。母に。もうやらないと思ってたことをしてしまった。やっちゃうもんだよな人間って。そこらへにあるもの全部投げまくって、ガラスも割れちゃって、叫びながら投げまくった。自分の部屋にいってもおさまらなくて、整理中の本とCD床に投げつけてしまった。。ちょうどよく整理するために棚から出していたというのに、なんちゅうタイミングだ。私はやっぱりものを大事にできない人間だってしょんぼりした。
だけどよかったこともあった。母にめっちゃ今まで言えなかったこといいたいことを言えた、言わんでよかったこともあった反省してる後悔もしてる。かなり母の心をえぐった気がしたけど、冷静に戻ったら母はきょとんと普通に戻る。母はあまり考えることをしない人だ。良い意味でも悪い意味でも。私はどちらかと言えば考えすぎる人間だから、もう理解し合おうと期待をするのをやめなきゃいけない。忘れてた。理解できない部分があるんだ。なのに私は理解できないしあいえないことに腹をたてた。隠し事も。くっそ腹が立って、母も元気ないに決まってるのに言葉にしない、態度に表さないから腹をたてて、いろんなことが憎しみに一気に変換し出して、頭に一気に血がのぼってしまった。
心は元気なくても体は元気で、だけどまったく心と体が組み合ってなくて、それにずっと不満で苦しくて腹立っていて苛立っていて、それが憎しみへのエネルギーで爆発してしまった。
冷静になって、散らかった場所を母と片付けた。何て、愚かなんだろうってあのときはむなしさと無力感にさいなまれた。人間ってそんなもんだし、私の本性はこれなんだ。嫌だった、怖かった、まだこんな自分がいることに。
不満と憎しみとしがらみで心がいっぱいになってたから。今もその心は存在している。100パーセント消えることなんてあるのだろうか。心の片隅に眠らせたとしても、ちょっとのはずみやすれ違いで目覚めるものがある。きっと忘れようとしたから、放置したからかもしれない。ポジティブの本を読むとその時だけ自分はポジティブになった錯覚に陥る。私の悲しみ不満を感じている小人(私の中に数人小人が住んでいます。)さんが暴れだした。ごめんね、無視しして放置してさびしかったよね。怖かったよね。
あなたと日々話すことは大事だったのに。私はあなたから逃れようとしたのかもしれない。あなたは大事な私の心を守ってくれているというのに。ごめんね、ありがとね。


負の刺激物で破裂した、残骸は散らばって、飛び散って、痛かった、でもね、たくさん溢れたから、ながれおちたから、おさまったよ。よかった。わすれても、わすれても、わすれないでね、なんどもくりかえしても、なんどでもおもいだしてね。
わすれても、わすれないでね。
そんなひていしないで、ほしい、ほしかった。


。。。
p.sその時になきうずくまりながら書いたメモ忘れないようにここに置いとこうと思ったのに間違えて消してしもうた。。2つも。。なんでだ、残さない方がよかったからか、ま、えっか。思ったことをかけたからよかった。

広告を非表示にする