ハキダス。

成長痛ぅ〜の記録。今宵モ反省文提出致シマス。とてつもなく独り言。

どっちもすきだよ

いわかんなほどからふるだったそしたらどすぐろさとちょうわしてちょうどよくなればいいなとおもった

12/27

あいがほしいなうえていますな 小説読んでねようかな 孤独を愛しはじめている もう、いいかな 遊ビョウ いつだって悲しみが消えない 手放せない 手放す境地にたどりつけるのかな そんな日がわたしにくるの いま読んでる小説がすごく変で面白い あんまり小説…

久々のほのかな消えたみ今晩は。 えぐりたくなる 嘘偽りのない気持ちを なんだか虚しい 定期的な浄化を 誰かに会いたい 消えたい 触れたい 消えたい

あかいやみ

すきほうだい吐くことにした だめだやっぱくるしぃ— だるもも (@darumomofumofu) 2017年12月16日 過去を追うのもうやめた!!!!(い)— だるもも (@darumomofumofu) 2017年12月16日 そろそろぎゃらくしーちゃんnote3がヴぁぐって壊れそうだからiphoneSEにしよう…

12/16

あー今宵もイラつくでもいい意味で?イラつく 変えたい変わりたい 行動行動こうどうすれば必ず何かしらが変わるから ときめくこと たにんのことなどきにならないくらいになにかにむちゅうになりたい 繕うのに疲れる まぁつくろう自分が悪いのかもしれないけ…

ねぇ、なんでこんなに悲しいんだろう。なんでこんなに苦しんだろう。 ”また記憶のせいで“ って歌詞が頭の中で鳴り響いたよ。 記憶 執着 私のインナーチャイルドが叫んだ 泣いてる 苦しんでる ごめんね 愛しています。 苦しい 自分を大切にすることが 自分の…

相変わらず、うましあーいらいらするぅぅぅぅぅぅううううううやっときーぼーどつかえるようになったーうぇーいうぇーい 酔っぱらっています。 ありがとうごめんね。許してください。愛しています。 ムカつくなんだこの感情は。寂しい悲しい 放っておいて 虚…

慢性的クルシミ、お久し振り。

やっぱ帰るのやめようかやっぱり、助けてはくれないんだな甘いってわかってるんだけどひどく悲しくなる苦しいわかってるってでもどうしても絶望感に襲われる変換間違いだってわかってるけどなみだがでるわかってる消えたいさびしくてしかたがないけど誰にも…

もわもわもやもや

あ"ーーーーーもどかしい。このもやもやは、もどかしさだなぁとおもった。 ものづくりがしたい。誰かと比べるのじゃなく。ただじぶんの手が動くままに。ひねくれたこころで。素直にはもう、なれそうにないから。パソコン買うタイミングを逃したけれど、逃す…

11月13日

12月いっぱいまでの短期のバイトが受かったー。うれしい。よかった。 家族に頼らず生き延びれるか、ぎりぎりだけれど。頼れる人がいるということだけでありがたいこと。だけど自立したいよ。やっぱり実家には戻らないように、ぐっと耐える。 キドキドドキド…

「ぼくの父さんは、自殺した。」―その一言を語れる今 (Soenshaグリーンブックス) 作者: 今西乃子 出版社/メーカー: そうえん社 発売日: 2007/12 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 1回 この商品を含むブログ (1件) を見る

11月6日(月)am0:36

引っ越したい…働こう…あぁ うるさいこんな壁のうっすいアパートで夜中にピアノ弾く神経がわからん決まった時間過ぎても、ひきだす神経がわからんもう嫌じゃ うぅ どうしたらいいんやろう 耳栓する生活をやめれたらなぁ… 働こう… 十分勉強になったです マンシ…

眠れない夜にて

ひとかげ (幻冬舎文庫) 作者: よしもとばなな 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2008/08/01 メディア: 文庫 購入: 3人 クリック: 6回 この商品を含むブログ (21件) を見る よかった 共鳴したよ

だるい

昼過ぎまで寝てたー。現実逃避だった。 スマホかテレビ。 片桐はいりさんの『グアテマラの弟』読み始めた。 グアテマラの弟 (幻冬舎文庫) 作者: 片桐はいり 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2011/02/09 メディア: 文庫 購入: 3人 クリック: 39回 この商品を…

ってる

へこたれてるし、よくばってるから 借りてみた へこたれない 作者: 鎌田實 出版社/メーカー: PHP研究所 発売日: 2009/05/21 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 3回 この商品を含むブログ (3件) を見る よくばらない 作者: 鎌田實 出版社/メーカー: PHP研…

10月28日 

強烈に実家に帰りたくなった。いきたいなとおもってたがっこうの講習会へいった。 わたしの心の動きは、相変わらず苦痛を催して最寄りの駅降りて、家に帰りたくなくてマックで時間を潰して、スマホの電源もなくなったから仕方なく帰った。 人と繋がることへ…

10月30日 

対人恐怖をこくふくしたい できんのかしら くるしい きょむかん ふいに、ネット上で零れ落ちた だれかのくろいあなをのぞいて かってに共鳴して わたしもいきていると かんじて かなしみにかぶれて かぶれて 赤みを帯びておることで なんだか いきてることを…

10月26日 20:55

図書館で読んだ女性の引きこもりの本読んだ。わいは予備軍だと思うけど、なんとかぷらぷら生きれているから感謝しないとなと思った。他人事のようでとてつもなく他人事じゃないなと思った。よしもとばななさんの『花のベッドで昼寝して』のこと、重なる部分…

10月26日 2:06am

ハンカチとハンドタオルを目からでる液体と鼻水で濡らしながら読み進めた。 反応はいつだって液体だね 身体は液体でできてる 自殺で家族を亡くして―私たち遺族の物語 作者: 全国自死遺族総合支援センター 出版社/メーカー: 三省堂 発売日: 2008/08 メディア:…

10月23日

髪の毛セルフカラーしてタイルの区切りの白いとこピンクにしてしまうのを必死にシャワーで流した 南天のど飴で風邪を治そうとしてる 緑茶のんで生姜紅茶のんで大根おろしの料理して食べて風邪を治そうとしてる とうとうmacがこわれてしまった 電源いれると変…

あるものさがし

今日雨で寒くて風邪っぽくて外に出たくなかったけど隣人のピアノれんしゅうが開始され、音ストレスが耐えられなかったから外出。しょうがいりののどあめ買って、近場のお店をぷらぶら。頭がひどく落ちてて、ないものばかりを数えていたんだけど。 ふいにある…

10/19 🌃 (-_-)

ぶっちゃけ資金ないし、やる気も低迷してるし、無職になっちまったけど いきたいがっこうの講演会への予約メールをする。いくかいかんかはまたその日でいいと決めた。 高校のときから自腹で買ったMacがバクりはじめて、勝手に再起動しだしたり、フリーズし出…

生きる 谷川俊太郎

の詩の朗読で泣いた。感激した。 脆脆なわいの心に見事にのめり込んできて 染みて 滲みて 沁みた。 このこえをきみにだっけ のドラマあねがおすすめしてて、みた1話に 谷川俊太郎の生きるの詩の朗読をする場面があって、泣けた 朗読で泣けるとはおもわなかっ…

とうひにて。だらしないしあわせをかみしめた

<p>だらしない幸せ</p><p>手放せない悲しみ</p><p>両極端な感情の狭間</p><p>灰色になりたかった</p><p>淡くなりたかった</p><p>何かを望めばその反対の感情に締め付けられる</p><p>痛く苦しいその感覚</p><p>を手放せばいいものの</p><p>手放せなかった</p><p>痛みは麻酔のよう</p><p>悲しみは麻酔のよう</p><p>現実から目をそらすことのできる</p><p></p>…

19:34

息がしづらい、心がすかすか そんな日もあるそんな日ばかりそんなことを繰り返して生きてるいつかはしぬのだけど そのことよりも生きていることの幻に囚われて結局勇気が出ない 体を動かせばいいだけなんだけれど頭の中しかうごめかない 囚われる 生きてる …

9月27日

純粋なキモチがじわじわと溢れた。 反する感覚が襲うの それすらもう拒否するのもやめて見つめる じー。 何かするたび嫌われるのではないか、不快に思われるのではないかという感覚が剥げない。脳の思い込み勘違い被害妄想だと言い聞かせるしかない。 胸が痛…

すぎてしまえば

おわっていた おわっていくね 落ち期のときは 料理と読書をして過ごすのルーティーン ほどよいお腹の脂肪は気にしないぞっ そんなのだれにもばれてないっ🌟 😂 それよりも美味しいものつくってたらふく食べて、珈琲のんでほっとするのがわたしはしあわせです。

9月25日

人とかかわるのこわいこわいがむねと脳みそぐわぐわまとうがこうやってかいたら客観視でましになってきたびょーいんいったほいがええんちゃうとおもったわ社会不安障害はなおるらしくて性格のせいではないらしくてあたし、ぜってー社会不安障害のチェック当…

9月20日 水 くもり

自己主張できない自分との向き合あった 心が喜んだ あの自己主張できないときの恐怖感に襲われてとっさに加藤泰三さんの本を手に取った。 特に『自信』を読み返して、あぁそうだったと 気を付けなきゃいけないところをメモった。 勇気付けられて自己主張でき…

9月15日

<p>名称がつかない感情がわき起こってあたまんなかもこころもからだも支配されて、"消えたい"という言葉でしか名称がつかない感覚に支配された心が救われるのは大森靖子さんの歌だった<br>部屋から出れなくて、布団から動けなくて、自分のなかで痛みを走らすことで</p>…