読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハキダス。

成長痛ぅ〜の記録。今宵モ反省文提出致シマス。とてつもなく独り言。

感情の起伏と矛盾が荒ましい、にて。

動けない‥…。だけどお風呂も入ったし、洗濯物はした✌‥…だが動けない。不安妄想で睡眠の時間が増える又は眠れず夜が明け、妙なテンションの脳で一日が始まる。やりたいことと現実がストレートに一致しないのはまあ、当たり前なのかもしれないのだけど、また自分がキャパオーバーなことをして、自分を責めてをやっちまいそう‥…というか、妄想の時点でやってしまう癖がけっこうできているみたいで、うじうじむしむし、自分と向き合ってるようでそれをいいわけに現実逃避をしたくなっている現状です。お金の不安がさすがにやって来てます。やりたいことをやるにはお金がいる。やりたいことでお金を稼げるのならやってみたらいいじゃないかチャレンジすればいいじゃないか、若いんだから何でもできるといつも言われた、母も言った。そうだよね。そうなんだ。何が邪魔するのかと言えば私自身の問題点。やりたいことをやりたいわりになまけたい、ぐうたらしたい、の矛盾した気持ち。対人恐怖と人間不信を理由にして逃避したい思考。つらいことをしたくない。恥をかきたくない。自分がやっぱだめだと知るのが怖い。だめ人間でいいといわりに、今の自分以上の自分を見せようとしてしまう。嘘をついてしまう。つらい。人と比べてしまう。プライドが傷つくのが怖い。これ全部妄想らしいんだけど、漫だらけののうですなー😂

自罰傾向が強いから、とにかく自分を責めてしまうのですけど、自覚したからこれは脳の癖だ大丈夫、私は私を肯定する。と呟くようにしているところ。

どうやったって、私はどちらかと言えば弱い人間なのだとわかってきた。中学高校のときはずっと強くなりたい、強くなりたいって思ってた。だけど、どうしようもなく自分は弱い人間なんだなぁともう認めたいよ。私の強い像は結局は妄想だよ。強くなくたっていいじゃん、だめ?ふにゃふにゃだといきちゃだめ?私は弱いことはいけない、というかだめなもののように心のどこかで感じている。そんな風にとらえてしまう自分の心の醜さがつらい、きたない醜い。だから自分を責めるなって、妄想だ。どんだけ妄想癖なんだろうねー。😂😭

弱い自分を認めたい。また強くならなくちゃ、みたいな変な思考へいっちまったら、同じことの繰り返しだよね‥…。無駄に苦しい、この無駄を捨てられない、手放せない。ないと不安定でスカスカになる。

広告を非表示にする

4日前の下書

電話で聞く勇気はない
ラジオでどっかでカメレオンが見つかったんだって笑ったー。警察に保護?されたかなんとか
やりたいことがさ、あたしゃのキャパを超えないかとか、やらかさないあとか、恥かかないとか、また逃げてまわないかとか、無駄な妄想が働くけれど、どこかの脳はなんかそっちを望んでしまい、理性ではネガティブな自分の像が浮かび、を繰り返しながらネットサーチしまくって18:2218:22をお送りいたします。勇気はない自信もないそもそもその概念が妄想って仏教の思想の本にそんなこと書いてました。明日はトークイベントのチケットを買ったのでもう強制的外出出来事を作った✌️古着屋さんとかをそそくさ巡り、やはりあたしゃは古着屋で1度でもいいから働いてみたいらしいんです。最初は近所で掃除のバイトでもしようと思って、掃除のおばちゃん見学した。ローカルなリサイクル古着屋さんのバイトが募集してるから、ここをやってみるか....!!とも思い、チャリンコで30分くらいで行けるわーということで昨日は店へ行ってみた。ワコーみたいで可愛いふくも見っけて楽しかったー。客としては楽しかったよ。働くとすれば?本当におしゃれをして働きたいのなら、なんか違うんだろうなと思った。客層も年配の人、主婦、中年の人、とにかくワコーな感じよ。生活費を最低限稼ぐバイトをして、あとは好きなようにしたらいいと思ったけど、原宿へ電車で40分くらいで着く環境になって、行ったら、やっぱ欲が出てしまうのか、なんなのか....。キャパを超えてしまわないだろうか....。毎日楽しく生きれる方法はどっちなんだろうか....。結局さ掃除のバイトしながら引きこもりに近い生活を送ってたけどさ、結局ファッションに惹きつけられる、抑えていたはずの盲目になっていたファッション欲眼球が目を覚まし出したというかなんというか、戸惑い、不安、願望はきっと行動に移せば、かなうと思う。私は一体何に怯えてる?今まで何かに囚われ怯えいた。それも私の人生の財産で無駄なことはなかった。時々思い出す、あったかい出来事や思い出は私の胸に住んでる。自分の作り出す不安、ストレスに耐えられず、チャレンジしたことをなんども逃げ出し、失敗をその時の自分は自分をひどく刃物で斬りつけるように傷つけなんどもえぐったけれど、その傷も今となってはいとおしいというか、笑いのネタになった。傷は少しずつ癒えていった。心のタトゥーみたいだね。時々思い出して、その記憶に触れて慈しむような。自分を慈しめるようになるとは....。だから、やっと他人の痛みにも目を向けれるようにというか、関心を持つようになった。10代のあたしゃはさ、他人の痛みを理解できなくて、見なかったことにした。受け入れられなかったことがあった。今思うとあの人やクラスの人は私と変わらない私の知らない何かを抱えた同じ人間だったって思える。ちょっとは成長したのだろうか。



広告を非表示にする

美容院

美容院へ行きたい。小三の頃に一回行ったことがあるだけ。初めてで、髪の毛を他人に洗ってもらって、トリートメントで髪の毛がトゥルトゥルになったこと、あの時の感動を思い出せるくらい、嬉しかったな。母のついでに髪を切ることになったけど、母は思ったより値段が高くて、あちゃーだったらしいけど。笑

髪の毛は母が切ってくれるのが当たり前だったから、さほど美容院へ行きたいとは思わず、自分で切って変になったとこを母に頼んで切ってもらったりした。

 

ま、そんなことは置いといて!私は美容院へ行きたいのだ。髪の毛をハッピッピーな髪色にしてもらいたいのだ。気合いを入れてバイトを始めようと思っているのだ!

.....が、電話をしなくちゃならぬ。電話.....TEL....。

ネット予約なら調子こいてポチポチできんのにな、電話と言う試練です。

プラス本当に大丈夫か、後悔しないかという悩むのにぴったりな問いを引き寄せて、ぼけーっとしている。私、皮膚が乾癬っちゅう疾患で、小学校の時とか頭皮に鱗屑というフケみたいというか、まぁ成分的にはフケだが、それがボロボロボロボロ落ちてたんです。夏は大丈夫、紫外線効果で治ったり、ポロシャツが白で目立たない。だが、冬になると乾燥でかゆい、ポロポロ、制服はまっくろくろすけなので、見事に目立つ。恥ずかしかった。よく聞かれた、小学2年くらい「sちゃんってお風呂はいっとるん?」

小学4か5年くらいプールの入らない女子集まりでのトーク「sちゃんって髪の毛白いよね(フケで)」この日は泣いた。泣きながら帰った。

中学の頃運動会の練習かなんかで友達に言われた。それで喧嘩したけど謝ってくれ仲直り。その子とは3年間同じクラスで友達でいくれた。

自分は汚い人間なんだなーと潜在意識の中でそう思うようになっていったと思う。

中学の時友達がはたいてくれたりした。嫌な感じじゃなく。そうだ、そんなこともあった。

だって普通汚いじゃん? 小4、5くらいも当たり前のようにはたいてくれる友達がいた絶交しちゃったけど....汗。今思うと不思議だ。一回の些細な喧嘩で絶交してしまった。

私覚えているんです。父親の仕事場で(小学中学年ぐらいまでは学校がない土日は仕事場付近で親の仕事が終わるまで姉と時間をつぶしていた。)私のフケが肩にいっぱいだったのでしょう、父がはたいてくれて、別に何も言わなかったら、「お礼は?」だって。神経質な父だったので仕方ないのだが、子供ながら私はその時ひどく悲しくなったのを覚えてるよ。どうしようもない気持ち。汚そーにはたいてくれました。(皮肉に受け取っております。)

当然この些細な出来事の積み重ねが心にしこりを生んだ。対人恐怖もちょっとはこのことが関わっていると思う。

ってことは今関係ないのだよ!私は美容院へ行きたいのだ。

あ、でも今この乾癬は胸のところ去年の夏にあせもになったのが乾癬へと変わって、掻く癖が治らなくて、今も治ってない。あとは耳の中近く、生え際の一部。頭皮は結構治ったんだー。今の所ひどくない。ストレスと並行して乾癬になる。専門学校やめた頃がすごかった胸元から首にかけて真っ赤になって、こりゃさすがにいかんと病院で薬もらった。病院嫌い。だが、病院でもらうステロイドを塗るとすごい速さで治るんだよ。でもやめると再発の繰り返しでめんどくさいんすよな。

今は自然治癒力で治すっていう本を参考にして、直していきたいと思ってる。

ってその話じゃないんだよ!私は美容院へ行きたいんだ!

昨日なんて場所だけみにったんだから、電話できんけど、もどかしくて、ダメ元で行こうかなとかほざきながらいざ出陣〜って言ったものの、私が行きたいお店がビルに2階で外から様子が覗けず、逃避。そこらへんをブラブラ、気になっていたお店をブラブラ、可愛いワンピース見っけ!....買った。

 

うだうだしながら今日届いた机を組み立ててたら完全に間違えてる、初歩のとこで間違えとるけ、ほぼ最初からやり直しやん、ネジ.....めんどくせい。しかも作業してたら、ドッカンドッカン物落として床がすんげいうっさい、下の階の人ごめんなさいごめんなさいと念じた。怒らないでください。あなたの夜中聞こえるいびきを我慢しているのだから。ベッドにしたほうがいいのかしら、それよりも一昨日くらいから引っ越してきた隣の住人が夜中近く誰かと電話しててクソうっさいんだよ。涙。平和な日々さようなら。夜中一人で笑ったり、しゃべったりしてんだよ。誰かとラインでもしてのか。元気だな。羨ましいわ。何がそんなに面白い出来事があるのや。羨ましいわ。ふんっ。まぁしょうがない安いアパートなのだから。今度はコンクリートのアパートに住みたいな。防音対策を検索しまくる夜でした。あとさ、中古で買った冷蔵庫もうるさくて、うるさくて、近所迷惑になってないかも不安で、昨日コンセントぶち抜いた。笑。腐るもんを買わずに、もう電気つけづに使おうかとか考えてるよ。買い直すのもめんどくさいし、そんな今の所腐りそうなのは豆腐と豆乳だけ早く消費しよう...。

ってそのことじゃなく!美容院のことだよ!

....もういいじゃん、好きにして。今は組み間違えた机を治すことに専念します。

美容院行きが.....。orz

 

広告を非表示にする

現実はデリート妄想シアワセはキラキラフィルターで、デフォルメしてよ、もっと

心が膨張する

それを無理矢理
締め付けるように萎縮する
感覚
苦しい
これは妄想なのか

 

はここだけのヒミツ🙊

 

"いきるってちょおせつなかった"

 

わたしがやりたいことはこんなことじゃない!!
とでもいうように心は乱れ、反応した。生きるっちゅうのは生きてるだけでせんないせつないくるしみなのか。

反応しない練習っちゅう本読んでたら、妄想に囚われてるのかあたしゃーって考えてたとき、凛として時雨の曲が頭から流れたのでした。でもなんの曲だったか忘れちった。

ビビビビ

 

 

 

ハカイヨノユメ

ハカイヨノユメ

 

広告を非表示にする

2/2の下書き

見たかったものが見たくなくなってしまうだなんて、私は何に怯えてる。どうゆう意味があるのだろう。ただ逃げているだけ?じゃあ何から逃げるっていうのだろうこんなに自分には何にも存在していないのに。多分そうゆうこと。本当の自分を知ってしまうのが怖いんだ。人と関わって自分を知ることになるから、それが怖いんだ。それだ、それ。

 

繋がりにくいインターネットにクソいらいらしてたのだけど、この繋がりにくい具合のこの感じが一瞬だけ居心地よかっただなんて変なかんじだけどこの世のどっかで共感する人がいそうではないか。というへんな妄想をした。

でもやっぱクソイライラするわ。現代病だわ。

広告を非表示にする

2/28の下書き

冬なのになぜか水をあげなきゃいけない思いにかられ、くっそさむい少し日差しがあったお昼時に水を秋と同じくらいの量あげたら数日後にお気に入りだった産毛がはえてる多肉ちゃんがぶにぶにになって腐り枯れてしまった。そのまた数日後、一番元気だった種類の子も一部しわしわに枯れた。

広告を非表示にする

5日前の下書き

可愛いと思って買った布団のカバーがリンクしない、いまいち。それでもしゃあねー、可愛いんだけどななんだか合わない。部屋やが散らかる買うものを買うのがめんどくさい。布団からでなくても一日はけっこう終わっていく、けど、うずうず、むずむずして文章を書いてみる。まぁ、暇というこっです。

壁が薄い、薄さを増してる。さすが家賃の安いアパートでした。住んでみないとわからないものね。実家にいるときとにた感覚生活音を出してる人物が他人だということくらい。

相変わらず私はさほど変わらない。

 

広告を非表示にする