ハキダス。

成長痛ぅ〜の記録。今宵モ反省文提出致シマス。とてつもなく独り言。

am 3:33

3:33

いんすぴれーしょんいずでっどだなとかなんでこんなにいたいんだとかしっけきにしてまったかねにたてたとかにきびふえたとかすまほのうごきがにぶくてまるでわたしみたいだねとかでいってきます。

(とちゅうなにかいたのかよめない…。寝ぼけためもでした。)

 

お金がないのにiphoneipod touch買おうとしてる。そろそろスマホが壊れそう。ボタンの部分がなぜか膨らみを帯びてるの、爆発しないかなと少し心配。でも使えるから使う。外カメラを使うときブーーーーーーって唸って加増がはうねうねと変形するから、私はスマホを思いっきり振ったり、ちと叩いたらたまに治ってパシャりする毎日。

 

*

 

 

図書館通いに精を出し、気分は少し文学少女気分だが、小説を読むのが遅い。集中が続かないの、でも、面白さが、すこしずつだけど分かってきたような。

自己啓発本を借り漁り読み上げた次の日は影響され感化されまくる脳内。どばどば、いってる。

 

 

*

 

きょうもおとなりのいえのこどもがリコーダーの練習してる
練習曲のメロディ覚えちゃったよ

おとといさ
洗濯物はちあわせたとき、お母さんが
「へったくそやなぁ~」って子供に言ってて
めっちゃうけたな
和ましかった。

 

 

 

広告を非表示にする

妄想癖なだけだよ、アーメン。

私はいつからかこの苦しみに成長痛と名付けました。恥ずかしくて、神経が高ぶって、高揚して自分に対して羞恥な感覚に陥って、人目が気になって相手が気になって、何より自分のこのひどく醜い感じ方をしているという、意識に囚われて、あたまがひどく締め付けられるこの苦しみを成長痛と呼ぶようになりました。

この苦しみがやって来てどこにも吐き出せなくて、この感覚で脳みそや心や内蔵が炎症して化膿して、膿がわいてしまわないように、スマホを両手で握り締め文章にて吐き出してる。

いつかの種が発芽したみたいに、誰かにとっては慣れ慣れで当たり前のことがどうして私にはこんなにも心にずっしりと重たいほどの出来事で、その瞬間を支配され心奪われ囚われてしまうのでしょうね。喜ばしくうれしいこと、有り難いはずなのに。自分が恥ずかしくて恥ずかしくて仕方がない。そうゆう感覚に襲われるようになってから、人と関わるにが怖いと呟くようになった。こわいこわい、ひととつながるってこわい、snsこわい、だれ、あなた、だれ、わたしってなった。得たいの知れないただの私の妄想。

こんな感覚に陥るから、人と繋がることが怖くなった。なによりも求めていることかもしれないのにね。

 

まえに立ち読みしてびっくりしたことがあった。これあっしじゃんけ!Σ( ̄□ ̄;)ってなった

HSP

っていう性質があるらしい。

私はきっと後天的だなって思った。うーん、わからんが。

読んでたら、姉にも当てはまっててさ、この言葉のこと伝えたらもう姉は知っていました。

ものすごく衝撃というか影響くらって数日間だから自分はこうなるのか、だとか、こうゆう感覚や気持ちになっちゃうんだっていう謎がふぉろふぉろバイト中に過去の記憶や出来事がリンクしてびっくりした。

学校へいけなかったこととかもこの性質なのかなって思った。

過敏すぎたり、すぐ人の影響受けたり。境界線が朦朧やったり。

あーこの本買うべきかとおもったけれど、金の欠なのでボンビーなガールなので立ち読みで許してね。

他の本も読みたいな。他にも本があるらしい。図書館へ行こう。いきはじめたとしょかんが閉まっちゃうらしいからさ、2番目に近い図書館を探して、行こうと思う。あ、カラコンも久々に、買おうと思う。あ、あと最近お気に入りの服が立て続けに破けるという現象が起こったの。なんでぇ。一個は洗濯機にて。もう一個は来てるときに、腕伸ばしたらわきらへんがびりりっとな……。あ、そっか夏服を買っていいよってことか!!行ってみたい古着屋さんを見っけたのに電車で15分で行けるのに、拒んでるあたしはアホですか。出不精です。バイトは慣れ出してからが危険みたいです。でも逆に向き合うべききっかけでもあるみたい。まぁ結局は自分自身との戦いです。大体のことは自分自身との戦いで、私が私を守る方法が下手で誰かにできることが私には困難だから、わーすげえなぁこんなこと言えて、態度で示せてすごいなぁ、と思うのです。今のバイトで学ぶことも知ることも結構あって、有り難いですね。後は本当に己との戦いな気がします。とにかく生きれてるだけでありがたいです。わたしの偏見ですかね、清掃のバイトなのに美人さんが働いてるの。挨拶する程度なのだけど、ワケありなの?とかへんなもーそうしてワクワクしてすみません。変に意識しちゃったらうまく関われなくなっちゃうの。思春期終わってないんですかね、私っておもうこと度々ある。妄想止まりが美しいけどその先を求めてしまいますね。思うだけ。ワケありっぽい人に惹かれるのは私もだからかかなのか。え、やっぱ私もワケありなのか……。最近興味を惹くのは、そうゆうものが多いなぁ。共鳴がしたいし、いろんなところ満たされたい。満たしたい。

 

とてつもなく散文でした。

広告を非表示にする

hsp

曖昧な境界線で生きてるって知った。さいきんふいに、自分の謎が解けていく感覚を覚える。

解けていく?

溶けていくよ。

(暑くて。わらい。)

 

 衝動に走るような出来事を欲してるよ。

 私の抑圧された、締め付けているツルがぶち切れるような、そんなもう、私の心を締め付けることもなくなるようなあの感覚を欲してるよ。

 

孤独と言う麻薬めいたものに、随分と浸っていると、奇妙な感覚を覚えてしまった。この居心地さとむなしさと突然襲う様々な感情や感覚に浸って、ただただひとり、私と過ごすの。

変なの。

 

からっぽ

という言葉が、すきになるのは、あのひとが発しているから、勝手に共鳴めいてほろ酔いするの。

 

孤独が孤立にはならないようにほどよく誰かと出会って、関わって、繋がって、生きていたいです。

 

テレビと食べ物で心を埋める癖が抜けないけど、実家にいたときよりは緩和されてるよ。

 

あんなにもなにも感じなかった地元が、懐かしく思う。

 

きっと、えぐることを必要としている。

 

好きなことが好きでいれますように。歪んだ苦しみには理由があるからいいの。否定しないよ。私の大切な感情です。必要な感情です。

 

広告を非表示にする

食べたい期

あっというまに7月が過ぎて7月から4日も過ぎててびっくりする。休みの日にずっと家にいて食べ続けてたというか昨日。好きなだけつくってすきなだけ食べてた。今日は過剰な食欲は減って穏やかです。

部屋の掃除もして、溜まりにたまった洗濯物もした。本屋でいっぱい立ち読みして、スーパーで米と洗剤と玉ねぎを買った。

 そういえばね、あんなに広がっていたかんせんがバイトはじめてから治まったの。やっぱり不安やストレスで悪化するのだなぁと思った。動きまくるから汗もかくし、人に会えば笑顔が盾の私にとって、笑うことが増えるから、一石二鳥ですね。

1月過ぎから6月過ぎまでの5ヶ月くらい働いていなかったから、ただでさえ薄い人との関わりがみごとに減り、社会的な関わりがほぼなかったから、久しぶりのバイトはドキドキしたし、ひやひやしたし、すごく頭もヒリヒリさせたし、慌てん坊のサンタクロースになったけど、慣れというのはすごいなー。慣れました。慣れてからは睡魔と遅刻しないよう睡眠を律することの自分との戦いです。

生活のためにまたそうじのバイト始めちったけど人間模様が面白いです。めんどくさいけど面白いです。

好きなことの仕事に就きたいのはもちろんです。そのために小さく行動や目標をたてようと思いました。つい見失ってしまうことを毎日向き合うことを始めようと思います。

毎日見かける野良猫が可愛い。

行ってみたいところに出向く。

節約を楽しみながらする。

毎日おしゃれする。楽チンでもいいのー。スーパーいくにも、散歩いくにも、お気に入りの服を着て、習慣がてらメイクもして、ルーティン化させる。私が喜ぶからね、そうすると。

ポートレイトも撮る。写真も撮る。カメラ持ち歩く。記録することが私にとって、モチベーションが維持できる方法だった。

11月には行きたい学校に行けるようにしておく。お金が足りなかったら、キャッシングしてもいい。もう、引き伸ばさないぞーう。

落ちるときにはたーんと落ちて、またテンション上がっての私の感情の起伏をうまいこと活用できるようになりたいです。

せっかく通いだした図書館が閉鎖されるみたいで、まじかよっっってなった。

近くにまだあるはずだから今度はそこへ行ってみようと思います。

よみたい本があったけど買えなかった。買わなかった。図書館で借りようと思います。立ち読みで脳が求めまくったけど買わなくてごめんね。図書館予約探すね。

やっぱりいろんな本が読みたい。私の知らない世界でいっぱい。

古着屋開拓をしていこうと思っています。るんるん。

給料日を楽しみに、万円札を楽しみにバイトしてまーす。byクリープハイプ バイトバイトバイトの替え歌。

見事にユーチューバーにハマる。特に美容系のおなご。めっちゃ可愛い、あうぅぅっ(´Д`)ま、ま、まま、ぶしーーーーーーーーってなるよ、ヤマトナデシコ七変化のスナコちゃんみたいになる。

高校生のときに中国人だけど朝鮮人っちゅうよくわからんが韓国語を話す韓国に詳しい双子の子と仲良くなった影響で好きだった、オルチャン。その子達とは専門学校をやめた時に縁をぐささささっっって切ったんだけどさ、っつって連絡を取らなくなっただけだけど、というかいつも私からは連絡を取らなかったな。ずっーーーーーと受け身だった。いっつもそうでした。私は一緒にいすぎて、受けれ過ぎて、イエスマン過ぎて、疲れてしまったんだ。嫌いになってしまったんだ。ごめんね。嫌われたくなくて、嫌われないようにしてたら、嫌われる前に嫌いになってた。いつも。でも高校生のとき恵まれてたなーと思う。クラスメイトとは険悪だったのに楽しい記憶として残ってるもんな。相変わらず交流関係を続けることが下手くそな私だけど、きっともう、そうゆう性分なのでしょう。

って超絶話ずれたけど、最近韓国好きの女の子のユーチューバーにハマってる。

私はオルチャンが好きなおなごがすきです。可愛いです、女子力が高いです。

いろいろ参考にしてるよ。

広告を非表示にする

久しぶりに凛として時雨を聴いたら脳内BGMリピート再生です。あーかっこいいな。やっぱすきだ。

バイトは2週間くらい、慣れてきた。朝が早すぎるのに起きれてるし、謎。寝不足になるけど起きてる時間が長いから、相変わらずです。現金が尽きたのでくっれじっと生活、使いすぎないように注意して。

ねむい。

暇をもて余す。からだはだるいの、こころもだるいの。きょうもきのうもちがうの、いちじかんまえもすうふんごもちがうでしょう。

広告を非表示にする

6 13 火曜 am3:18

嬉しいより楽しいを選んでって
去年ごろのノートに書いてあった
蚊に刺されまくって手と足がかゆい
スプレー買うべきだなこりゃ
キンチョールだ体に向けて発射できないから意味ないに等しい
いいんだか悪いんだか目が覚めた
からだを慣らすべく起きとくべき?
遮音ヘッドフォンが欲しい
イライラする自分になるのが嫌だ
座椅子みたいにできるクッションが欲しい
実家にあるやつみたいなのあれ何年使ったやろ汚いけど便利やったお気に入りだった
しまむらで母に駄々をこねて買ってもらったんだった小学生の頃
かんせんが広がってる、ストレスと比例して、環境が変わるってことはこんなにストレスを感じることなんだなぁ。首らへんの方までできはじめてるから掻かないようにしなきゃ。
それと重なって生理前っぽいから情緒不安定が倍増。リラックスリラックス。

好きなだけ寝る。

結局楽しいより嬉しいを選ぶ他ない労働
やっぱりもうひとつ気になっていた古着のバイト応募チャレンジすればよかったかな。レジ怖いなミスしまくりそうだな、客クレーマー対応できんのかな。でも服と関われるな
電話してみるべきだったかな
ちょっとずつやりたい方へ挑戦するべきなのかな週2から働くとか、できそうならば、希望を捨てずいちいち落ち込まず、経験できたってプラスに思うべきかもな。やっぱりしんどかった、大変だった、難しかった、でもいろんな人を知れた、こうゆう仕事で世の中がうまいこと回ってるんだなって清掃、仕事をしてて思った。うちが年老いたらきっと清掃という仕事なんてなくなっていそうだなぁと思った。ロボットやらがやってくれる世界になっていそう。
今は手慣れた仕事して、なんとか今の生活を続けて、それでもやっぱり本当にやりたいことは違って盲目になりつつも、見失いつつも結局戻るとこに戻っていくはず。
いっつもそうだった。望んだことはなんやかんやで足を突っ込む性分で、バックレても、すぐに飽きたり、嫌になったり、うまくいかなくて続かないけど、挑戦した行動したことには変わりはなかった。
だからそんなに自分を責める必要はきっとなくて、これはただの脳みその癖だって田口ランディさんが言っていた。
眠い。隣の深夜長電話で目が覚めてイライラストレスが達しそうだったが、いや達したが、3:43amなんとか静まったけど、こっちが目覚めたわっっという感じ。というより、なぜかバイトを午前4時から10時にのにしてしまって、私は何に血迷ったのだろう。超早寝早起きするか、起きといてバイトに行き、お昼に寝るかで後者でやってみよーーーと思ったがなかなか寝てしまって、睡眠時間が中途半端だから脳がツライツライと訴えながらなんとか2日目行ったのだった。
なんとか内容は慣れれば出来そうだなと感じたが、あれ、なんか結局変わってないな自分。なんでまた清掃のバイトをしてんだろう。卒業するんだーっ思ってたのに、あれ、なんでここにいるんだろう。という感覚に朦朧として、感情が変になりました。
相変わらずそんな時間帯、業種なので年配の人ばっかが大半で、地元で働いていた清掃バイトの記憶がフラッシュバックして、自分同じことを繰り返してしまってることになんか突然落胆した。
生活費を稼ぐためにバイトを応募した。最低限の生活できるくらいの勤務時間にした。
ふいにつつかれる対話の免疫が低下してるから、ひょんな些細なことがぐさぐさと心臓にのめり込むかのように年配じーさんの言葉が刺さって、泣きそうになった。
この泣きそうになる感覚が、地元の時の清掃バイトの時も感じることがあってそれで変わらなくちゃいけないと思って、ずっと心にあった上京をしてみた。が、結局自分は変わってないんじゃないかという感覚に苛まれ、なにやってんだろう自分と、久し振りの自己否定よこんにちわ。たぶんPMSなんだろう、大体の慢性的スーパー落ち期はPMSと何かがダブった時に起こるらしいと気づくようになりました。鬱の人の娘が思春期まっしぐらだと最悪な事態が起きますから、人っていろんなことが重なって重なってしまうとトラブルやら限界やらが訪れる、不運を呼ぶことを身を知って感じました。相変わらず父親のことは毎日ふいに何度も思い出すし、暇だからか。忙しくするべきなんだろうか。働くことへの恐怖が取り除けないのです。その恐怖すべてが妄想だとしても、妄想癖が染み着いた私が妄想しない頭になるの難しいから、少しでも妄想してんなーと気づけるように文字にして、脳から吐き出して、分散させて、暇を潰して、呼吸をしてる事実を客観視するとちょっとはましになる。マシになる。マシュマロになる(?)。マシュマロハートになりてぇな、なれねぇか。溶けちゃうか。やっぱこんな脳でも今のままでいいね。今のままがいいね。肯定しましょ、そうしましょ。
ポタポタ、
雨粒が落ちる音。
堕ちる音。
少し部屋が揺れました。
冷蔵庫は相変わらずうるさいです。
ひとまず超早寝早起きを試してみようと思います。
バイトも興味のある分野で出来ないか、今のバイトを続けながら模索しようと思います。

やっちまったときの絶望癖が抜けませんが、失敗は当たり前で、やはり私は成功しようとして失敗するタイプの思考なので、岡本太郎さんの"成功は失敗の元"という哲学に憧れるんでしょうね。
楽しようとしても結局つらたんたん、自分の思考につらたんたんなのでした。

教訓はいっぱいです。

広告を非表示にする

6日前の下書

元々自分の中には何にもなくて、なにかを取り込んでから排出され、あたかも自分のものかのように生まれるだけだった。

広告を非表示にする