ハキダス。

成長痛ぅ〜の記録。今宵モ反省文提出致シマス。とてつもなく独り言。

すぎてしまえば

おわっていた

 

おわっていくね

 

 

落ち期のときは

料理と読書をして過ごすのルーティーン

 

 ほどよいお腹の脂肪は気にしないぞっ

そんなのだれにもばれてないっ🌟

😂

それよりも美味しいものつくってたらふく食べて、珈琲のんでほっとするのがわたしはしあわせです。

 

広告を非表示にする

9月25日

人とかかわるのこわいこわいがむねと脳みそぐわぐわまとうがこうやってかいたら客観視でましになってきた😂
びょーいんいったほいがええんちゃうとおもったわ
社会不安障害はなおるらしくて性格のせいではないらしくてあたし、ぜってー社会不安障害のチェック当てはまるの多いし、しんどいし、社会に出るのも生活するのも多少支障きたしてるし、なおるんならなおしたいわー
しんでいしんでい(しんどい×2)
人とかかかわるのの恐怖尋常じゃないんだけど、これが性格じゃなく病気なら治せばいいだけだけど、つらい。こわい。
錯覚だ錯覚だー。わかっちょります。
虚無感が存在してるただそれだけ。
生きてるだけで丸儲けーわーい、ありがたやー。

 

給料が思ってたより入ってた嬉み。

今日は14時間くらい寝てた、気持ちよかった。目覚めた瞬間の罪悪感と虚無感を感じること以外。目覚ましがわりの太陽の光と雑音で目が覚めた。

広告を非表示にする

9月20日 水 くもり

自己主張できない自分との向き合あった

心が喜んだ

あの自己主張できないときの恐怖感に襲われてとっさに加藤泰三さんの本を手に取った。

特に『自信』を読み返して、あぁそうだったと

気を付けなきゃいけないところをメモった。

勇気付けられて自己主張できた。

誰かにとってはちっちぇー出来事

私にとっては心臓に恐怖感がまとわりつく出来事

 

  • ノーと言うことに罪悪感を感じる

↓改善

ノーということは決して罪ではないとはっきり言い聞かせること

 

  • 自分の行動の良し悪しを他人に任せてしまっている

↓改善

自分の行動の良し悪しの判断は自分でしてよいのだ

 

自己主張は操作しようとする人間を近づけないのである

 

他人に好かれようと行動するより、自分を尊敬できるように自ら行動せよ

 

"ずるさ"は"弱さ"に敏感である

 

 

ちょっとは成長できたかな

だいぶ成長した気がするんだ

成長痛をかんじた

少しずつ進んでいる気がする

 

情緒不安定なりに生きるから

そうゆうのももう隠さなくても生きていける場所を求めている

息のしずらさはいつだって、自分の両手で首を掴んでるからだなぁ

Mかよっっと最近己につっこむであった……とほほ

 

さみしくてたまにしにそーないたみのなみが慢性的にやってくるけど

さみしいことを自覚してる分、やり過ごせる

ふとんにだらけて時を過ごすとか、録画したテレビ、動画を見続けるとか、からだが動かない自分を肯定してしまおう、罪悪感を感じてしまうことをやめていこうおもってる、やめたるやめたるやめたるでー。

見えないなにかがうごめいていて、みえないものをやっぱ捉えたい。

捉えて形にしてる人にいつだって心惹かれ続けるんだ

それだけはやっぱ失いたくないし

見失わない

どんなにふさいでも

なくならない

 

広告を非表示にする

9月15日

<p>名称がつかない感情がわき起こってあたまんなかもこころもからだも支配されて、"消えたい"という言葉でしか名称がつかない感覚に支配された心が救われるのは大森靖子さんの歌だった<br>
部屋から出れなくて、布団から動けなくて、自分のなかで痛みを走らすことでしか訴えれない感覚が<br>
なんでこんなにも浄化されるんだろう</p>

心が焼けたんだー
で、痛くてさ
こんなことでと自分をつい責めちゃって

な半日を過ごしていたけれどやっぱり大森靖子さんの歌に救われた。

泣きながら誰にも求めれない

慢性的な絶望感がときほぐれる

浄化される

すきだ

お守りだもんな

脳内BGMで毎日うたってるよ

 

醜いと思ってた
思わないと気がすまない感覚を肯定された気になるんだよー

けがれをかんじない愛情に触れるたび、自分の隠してる醜さが膨張しだして脳みそがむくみだして、なのにスマホ忘れちって吐き出すことできなくて、息しずらくなった後遺症が余韻が引きずって引きずって今日が終わりそうだけど、無意味じゃなかったとかあぁ、うまく言葉にできないっすな</p>

いつもわたしすくわれたりこころひかれたりするのは
誰かの孤独で生まれた作り出されたものだよ
芸術だよ音楽も写真も言葉もおしゃれも
あなたの孤独がすきです
そうだ、そうゆうことか

わたしはさびしーにんげんだからさ

孤独なわたしが惹かれることはいつだって孤独な誰かの破片だな、今思うとさ

とまらなくなるからここで

ひさびさのこのくるしみぃ

そとから子供のはしゃぎ声
くるしいな

誰かに向けられたいとおしさが
忘れられないね

だめだな
すなおじゃないな

くるしいな


歪んでわたしがわたしをいじめちゃうな
ごめんね
ありがとう

生きてるね

 

 

広告を非表示にする

4:19 am

幻想はどこにあるだろう
もう必要ないなんて
いわないで

ひとりはさびしい
けど阻害されない安心感が手放せない
交わるのはくるしい
けど味わったことのない喜びが生まれるんだろうな

 

他に名称が見つからないからきえたいとのうないでつぶやく

自分を隠すからさみしくてくるしい

ごまかしてたら自分がわからなくなった

ごまかすのやめたら課題と試練が浮き彫りになった

自分をさらすことができなくなった

変形して言葉になる

 

 

目がブルーライトでしょぼしょぼする

 

スナコちゃん現象起きる

広告を非表示にする

さいきんふとたまに

もう十分だとなんか感じるたまに感じる
もう十分いきたとおもう。満足だと思う。
自分から死のうとは思わないけど、もう自分の命が何かしらの理由で終わっても、別にもう十分でした。ありがとうございましたと思う。これ以上望まないです。と思う
けど実際なったら死を恐れるのかな、やっぱ。

 

ふあふあしてる

 

いまのばいとさきのおじーさんもがんのはなしになったときじょうだんぽくわらいながらいってた

もういつしんでもいい

じぶんでしのうともおもった

的な

ニュアンスはうまくひょうげんできねーけど

ぱーとのおばさんも乳ガンの手術で休むことを迷惑かけますと伝えているのを小耳にはさんだ。

ガントークは捗っていたのを寝惚けたぼわぼわしたあたまで時間余りのプチさぼり休憩で聴いた言葉を思い出した。

 

次のバイト応募しなきゃ。

めんどくさい。だるい。

つかれた。

だるい。

ねむい。

いきたい。きえたい。いきたい。きえたい。

しりたい。しりたくない。あいたい。あいたくない。いきたい。いきたい。いきたくない。やりたい。やりたくない。にげたい。にげたくない。ねたい。ねたくない。

やりたくないとやりたいがひどく混ざりあってフクザツにさせて、寝たくなるのは考えるのを唯一シンプルに止めれるからだね。

 

透明じゃないけどとうめいみたいで濁ってる

だれかたふれあいたいけど

ふれあうたびに、ふれあうことになれてないから血が滲む

ひりひり

いきてるってかんじをもとめなければ

おだやかに死を感じず死へ向かうシンプルな日常でいきればいいのに、幸せそうに笑って、愚痴をしゃべるのがルーティーンで、そんなパートのおばさんとかおじさんのなかにいると、自分が別の生き物に感じる。

 

同じ匂いをする人を無意識に探して

気持ちわるいけど探してしまう自分がいる

 

夢遊めいてるなあたまんなかが

もわもわ

9月、季節の変わり目、涼しくなった日

うさぎのペットが10才11ヶ月で逝ったんだけど、その日ちょうどバイト終わり2日休みやから帰ろっかなーって飛行機チケット撮ろうとしたけど疲労とめんどくさくなってやめて、やっぱバイトやめるから10月に1週間くらいかえろう計画でもたてようかなと伝えてたら、その日の朝に死んだんよーと母から涙声ぎみに伝えられ、え、じゃあ帰ろうとチケット割高だけど残っててネットで買って、準備して実家へ帰った。

帰るのやめたけど帰ろっかなと思ってた日に逝ったからあんた、すごいなと偶然だけど思ってさ。

1度生きてるうちに会いたかったけど、亡骸を撫でれたし、家族で土に埋めれたよ。すきだったヨモギもあねと拾って一緒に。

不思議なのは心に住んでるから、死んだっていう実感がうすい。最後まで世話をしてくれた母が一番実感を感じてるんだろうな。

 

 

部屋が散らかって、洗濯物がたまってぐだぐちゃで、やっぱり部屋は心と反映してるね。

 

いつも騒音でうるさい前の住人が静かで隣の住人も外出してると静かすぎる。

疲労とかストレスとか落ち期だと、くそイライラするけどさびしすぎない理由は人を感じられるからかもしれない。引っ越したくなるけど。

今はここで偶然適当に家賃のやすさで選んだここで生きてるのだから、できる範囲で心地のいい部屋にしたいところです。

夜型の人みたいで、夜中うっさいみたい。昨日のど乾いて目覚めたら、ピアノひいちゃいけんのにひいてたし、隣はでんわかひとりでしゃべってたし、耳栓スポッて抜いたらうるさかったけどひどく眠かったので、お茶のんで耳栓入れ直して寝た。ぐー。バイトない日だから重力に逆らえなかった。

広告を非表示にする

絶え間ないしにたみ

www.nhk.or.jp

 

がここにあった。昨日の生きるためのテレビ。8月31日の夜にの2部が睡魔とセシルのもくろみを録画してて見れなくて、(あうち)再放送はないかと調べたけどなくて、大森靖子さんの歌が聞きたかった、話が聞きたかった。じゅにあさんとかるいさんとかしょこたんとかディレクターさんとか当事者の10代の人の声とかもっと知りたかった

2部も再放送してくれないかなぁ。

1部は再放送するみたいです。

 

10代の人たちの一人一人の声がグサグサと刺さった。共鳴するところもあったのかな。見れてよかった。知れてよかった。

 

真面目な人ほど生きるのが苦しいね。

共鳴するメッセージには涙が溢れた。

 

心の黒い穴と繋がったなぁ繋がってるんだなぁって思った。知れてよかった。ありがとう。つくづく苦しいのも痛いのも自分だけなんかじゃないんだなと思った。

 

 

 

考えることと逃避を繰り返しつつ。

昼から寝て、生きるために肉を食べたいだけ淡々と焼いて食べた。で、お腹痛くなって寝た。脳と身体がフリーズして寝込んだ。

今日のバイトは昨日の睡眠とお肉の栄養のおかげでなんとか気力を取り戻し、言えそうなタイミングを見事にみっけて今月いっぱいで退職しやすと社員の人に言った。あっさりおっけいだった。よかった。この1週間くらいそのことをどうしようかとこうしようかと考えて、グーグル先生に相談しまくり、行動に起こして、逃避して、やっぱり向き合ってを繰り返し、もうそれをするのもくたびれ果てたので実行に移しやした。

(脳が無理無理、こーわーい、いえなーい、だってあれがあーでしょう...etcと言い訳をかますのが限界に達したら、実行に移せるんだよな。その段階なくして実行できたら楽だよね...。まだまだ修行が足りませぬな。)

この解放感と同時に課題がどばっって頭の中にあふれて、そのあとは不安が入り混じった。次のステップへ行く。てってれー。

いつもバイトを辞めることを言う試練が苦しいのう。だけど、自分でも成長したのは、高校生の時とか本当に死にそうなほど言うのが恐ろしくて、怖くて、苦しかった。アホみたいに死にそうなほどの恐怖が心臓を脳みそを纏って邪魔してきた。見た目ではヘラヘラニコニコしてるんだけど。心は浮腫みに浮腫んで破裂しそうなのに、わざわざ自分で抑えつけて、ブニブニに中は黒い黒い膿がたまっていくような、そんな感覚を今回も覚えたのでやべえもういいやー次のバイトまだ見つけれてないけど、もういいやー。苦しいー死ぬーと自分を逆におどして、前に見た生きるテレビで知った”ポジティブな自殺”を拝借。笑。この言葉が気に入って、脳内で使わせていただいてる。(言語化できず死にてえなーって感覚になったり消えてー思って心が訴えてる時、本当に望んでること、心の底からやりたいことを飛び降りるみたいにやっちゃうってやつ。ぐふふ。)心を殺しながら生きるのはしんどいのに。限界がくるまで、動けないんだよなー。まだまだ大丈夫って引きずるんだよなー。

 

歯止めが効かなるほど浮腫んだ心に自ら一撃矢を刺し、引き抜き膿を出してあげた。そんな作業だった。

その作業を繰り返してるのかもな。

それが私にとってのポジティブな自殺なのかもしれない。

 

今回のバイト辞めるっていうのもまあそれなりの恐怖も不安も苦痛も伴ったしまだ進行形なんだけど、だいぶ言うのが楽になった。対人不安があるから、つい迎合してしまったし、前のバイトとまた似た様な環境のバイトを安心で楽だからと選んだらその通りで、その感覚がフラッシュバックして、あぁやっぱ違う環境へ行かなくちゃまた仮面かぶった感覚で生きなくちゃいけない。抑圧したら憎悪に変わる感覚を覚えたから変わらなくちゃ、やばい。感謝して次へ進まないとという気持ちを何とか逃避しつつも、何とか、何とか自分の中でけじめをつけれて、言うことができた。伝えた後、時間の動きを感じた。不思議。

 

周りの雑音に耐えれなくなったおかげで逆に次へ行かないとと思えた。人生は実験という言葉を知ったから、軌道修正していく。間違えるし、うまくいかないときは行かないし、たまに自己主張ができずに、その気持ちが憎悪に変わってしまったりするけど、無駄なことはないしね。それがきっかけになった。

もういいんだ。

好きなことをして生きていきたい。

子どもの頃、こんなにも好きなことをして生きていくことが難しいんだなんて思わなかったけど、そのおかげでいろんなことを知れたよ。知らずにはもう生きられない。

心の黒い穴がなかったら出会えてないものがありすぎるからな。

ダメなりに生きてくし、いいんだもう。時間は有限だから。好きなことがしたいだけ。

少しずつ執着も手放していく。手放せないけど、少しずつ。その開けた手を誰かとつなぐことに使えるようになりたい。ってのが私の課題です。

バイトの期限が決まった途端、あんなに息のしずらかったし、身体もだるかったし、脳もだるかったのにめっちゃ笑みがこぼれた、あぁこんな私の心は喜んでくれてるよ。本当の意味で頑張りたいと思って、バイトちゅう頭の中がいろんなやりたいコト、望んでるコト空想で溢れた。

図書館行く習慣がついて、だいぶ栄養をもらってるから生きやすくなるよ。知識は大事だ。まだまだ知らないコトだらけだ。不安なときは本を読んだり、外へ出たり、逆に寝たり、はたまた考えすぎて苦しんでも、いいんだと思う。私にとっては必要な作業なのかもしれないし、いずれは省いてもいい作業なのかもしれない。

 

 

広告を非表示にする