ハキダス。

成長痛ぅ〜の記録。今宵モ反省文提出致シマス。とてつもなく独り言。

子供の頃

子供の頃は制限があるからこその幸せを感じれたと思う。

好きだったアーティストのCDを中古コーナーでいつも探して、限りあるお小遣いで集めていた。手に入るたび嬉しくてワクワクドキドキして仕方がなかった。当時の私にとって宝物だった。

インターネットを使えなかった私の時代。親の携帯でメルマガ配信をやらせてもらったり。

インターネットが使えない私にとっての情報はテレビと本屋やCDショップ。主にレンタル屋と中古屋。そこでしか手に入らないし、誰かと共有すること自体なかった。むしろ私は独占して浸っていた。他の人は知らない私だけが知ってる素敵な素敵な世界だった。

中学校になってから1人クラスにそのアーティストが好き子がいて嬉しかった。友達にはなれなかったけれど。嬉しかった。

崇拝していた。

学校と家庭と学校の友だちだけが私の日常だったから、世界はもっと広いんだ。あっちの世界へ行きたいと思っていた。毎日のように空想してた。

 

中学の頃私は独占欲が異常に強かった。

私が愛読していた雑誌を友達が買っただけで腹がたったり、好きなアーティストの曲を姉に聴かせるのが嫌だった。独り占めしたかった。

 

高校、年をとるに重ねて、その独占欲は減っていったけど、少なからず私の中には独占欲があって、独り占めしたい欲望がある。

 

友達もそうだった。幅広く仲良くなるより、特定の人と長くずっといた。独占したくて、できないときに腹を立てたりした。いつも友達関係は続かなくて、なにかのきっかけでほぼ絶縁状態の友人関係しか築けなかった。

 

寝ようとしたら子供の頃のことを思い出したので書き留めてみたです。

あー寝る前にブルーライト浴びちゃったわ。ま、いっか。おやすみ。

 

広告を非表示にする

自分の中の分身

わたしの中にはいろいろな分身がいる

空想癖の分身もいるし、芸術家の分身もいるし、現実主義の分身もいるし、家庭的な分身もいるし、病んでる分身もいるし、無気力な分身のいればエネルギッシュな分身もいる。泣いてる分身もいる。怒ってる分身もいる。ヘラヘラしてる分身もいる。

 

全部ワタシのわたしの私の一部。

 

広告を非表示にする

せいちょうつうがやってきた

いたくて

くぅってなって

あぁ

うれしいな

くぅってなるけど

くぅってなれることがうれしかった

 

バイト決まったらいいなぁ

そしたら引っ越すぞ

うからなかったら、またさがそう

みつかるさ

 

それまでしゅみに逃げ込もう

することがないから

しゅみに逃げ込んで

じゅわじゅわしていよう

 

それまではわたしだけのじかん

 

 なにやってもいいんだぜ

 

はずかしくたってうしなえるものがたしてない

 

やっほーい

 

広告を非表示にする

夜の魔法にて

明日という名の今日面接〜。

眠れない〜。

誕生日に面接〜。

わーお初体験だわ。

帰りにスイパラでも行こうかと思ったけど、ケーキ屋さんでショートケーキ買って味わって食べることにした。(今のところ。スイパラ3割行きたみですがな。)

 

今日は広い公園行って履歴書書いてたけれど暗くなったからコメダ珈琲店で続きを書いた。普段マックとかミスドとかだからBGMの大きさとお客が若いから喋りごえがうるさくて、そこまで長居できなかったけど、ここはbgmも程よくて、お客さんも静かにお喋りを楽しんでたから不快じゃなくていつの間にやら長居していた。

 

寝ようと思ったけど眠れず、スマホをいじるとなお目が冴えるという循環をわかっていながらやってしまいます。

 

妄想が〜とまらん

最短で引っ越すには計画を練り練りちゅう。お腹が減った。

 

少量を味わって食べる方が美味しいと思うのに、制限なく食べることができる方の魅力の方が高くていつもお腹がいっぱい食べ終えた後、次は行かなくていいやと思うのにまたバイキングに行きたくなるのだった。

だけど少量を味わって食べることの幸せを感じれて、満足できる方に憧れるのでありました。

 

 

つい引っ越したくなると、ここで過ごしているありがたみより、嫌な部分に頭が過敏に反応しだすけれど、もう心は固まっているのでここで暮らす時間に限りがあることで名残惜しさを感じて暮らそうと思った。

 

私はよく夜の魔法にかかるからか

朝の魔法にかかる人を羨ましく思ったれど

私は夜の魔法も悪くないなぁと思うのだった。

例えば夜中に書くラブレターみたいなこと。こっぱずかしいほどの思いが夜の魔法ではスラスラと溢れ出てくるの、きらいじゃなかった。(でも朝読み返したらくそ恥ずかしいから、そのままじゃ送らず書き直すだろうけれど。)

でも、やーぱり、朝の魔法にもかかりたいから早起きをしようと思った。

(今日は無理だと思うけれど。)

 

この吐き出しブログだって夜中に書くことが多い。今日みたく頭にいろんなことが溢れ出て止まんなくなったり、ぐるぐるしたりすりとき。

 

隣の住人は夜型だから夜中に電子レンジを回す。振動と音が響いてくるのを私はとても不快に感じ耳栓をしてる耳をさらに手で覆って、クリーニング呪文を唱えたりして落ち着かせるのだった。

 

 

 

広告を非表示にする

くよくよタイムを満喫


長く安定して安心して働けれること
場所なんてあるんだろうか

心なんて一生不安さ〜


お金がないから
ダメダメでも働けばいいんだ
だるいままで

 

レジ業務苦手だなぁ やっぱ
間違ってないか不安になる&間違えたらパニクりそう めんどくさい
早くこの世から現金がなくなってすべてコンピュータに任せれるようになればいいな
だるい
万円札 万円札


引っ越し
お金がなくても引っ越せないか
預金がないからな....

あー生きてるだけでお金ってかかるね
やっぱり私は悪くない
私だって正しい

無理なことは助けを求める
謝る

やめたっていいんだった
すみませんやっぱりわたしには合っていませんでしたって
数ヶ月したら忘れるよ

トライ&エラーだから

ダメでもともとだったから💮だよ

ECサイトの仕事してみたい
興味あるな
あとは植物
古着は着るのがただ好きなだけ
服の仕事はやっぱもう、わからないから好きだけで通したいなら消費者でいるべきなんだろうな
裏を見ると残酷だし(ネットフリックスのドキュメンタリーみて)
なんか
やっぱもうわからんわー
はぁーーーーーーーーー

あ、クヨクヨタイムが長引いちゃうわー
フッフッフー

また明日が来るね
引っ越したい
長く安心して続けれるバイトを見つけたい

逃げ腰で生き延びまっしょい

広告を非表示にする

ひねくれひとりごと

失敗しても死にまへん
かー死ぬ人もいるけどね。

 

 

....はここだけに留めとこう

 

ふふぉふぉ

広告を非表示にする

2 6 2 0 1 8

あー手放せない

結局手放せないの

悲しみを

手放すことができない

 

麻酔に似ているから

手放せないの

 

気持ちいい苦しむことは

結局

苦しいことは気持ちいいんだ

 

苦しんでいることで現実逃避できる

頭を浮遊させれるんだ

広告を非表示にする